Thomson Reuters
これまで、企業価値は、業績や株主への配当など財務情報に重きが置かれていました。昨今、経済的な指標だけではないESGに基づく評価を重要視する投資家が増加傾向にあります。企業の損益の約30%を占める税金費用も評価の例外ではなく、BEPSの取り組みが示すように、各国における適正な租税負担や透明性のある開示の重要性が高まっています。

今回のウェビナーではEY税理士法人より田山様と浜野様をお招きし、グローバルの観点から莫大なデーターの回収・処理・分析を実施することが求められる今、経理・税務担当者が活用できるツールについて紹介ご紹介いたします。


是非トムソン・ロイターの国際税務ウェビナーにご参加ください。
アジェンダ: 2021年6月10日木曜日13時~
はじめに             

1.グローバル企業のSDGs達成と税金の関係

  • 適正な税負担とは
  • 経理・税務担当者の役割と対応

2.クラウドデーターベース活用のすすめ

  • 情報収集から決算~申告までの一気通貫の事例

3. ONESOURCEの紹介

  • ONESOURCE Tax Provision・DataFlow

4.導入プロセス・導入事例

5.質疑応答
※同業他社および当社の競合企業にあたる企業の方のお申し込みは、ご遠慮ください。
※不測の事態により予告なくプログラムを変更せざるを得ない場合は、ご理解のほど宜しくお願いいたします。
※本セミナーについては、会計事務所および法律事務所ご所属(企業等にご出向・派遣中を含む)の方は、お申込みご遠慮願います。
2021年6月10日木曜日13時~14時
無料ウェビナー申し込みはこちら
会社用メールをご記載ください
By using any Thomson Reuters or its related bodies corporate (TR) website, application, including mobile application ("app"), product, software or service or, otherwise, providing us with any of your (or any other person's) personal information you consent to our collection, use and disclosure of your personal information in accordance with (and agree to the terms of) our Privacy Statement (which can also be found at https://www.thomsonreuters.com/en/privacy-statement.html or we will provide you with a copy of our Privacy Statement if you email us at privacy.issues@thomsonreuters.com and request a copy). Do not proceed to use any of our websites, products or services or provide any personal information to us if you do not consent/agree to our Privacy Statement.

講演者
EY税理士法人
シニアマネージャー Tax Accounting and Risk Advisory Services

田山万季氏


2005年から2012年まで米国のBig4会計事務所において日系企業及び米国上場企業の税務コンプライアンス及びアドバイザリー業務に従事。

2012年に帰国・EY税理士法人入所、米国上場企業を含む日系及び外資系企業の税金勘定の監査・アドバイザリー業務に従事。グローバル企業における税務プロセスについて、法令順守・内部統制・業務効率化など多角な視点からのアドバイスを提供。
EY税理士法人
シニアマネージャー Tax Technology and Transformation

浜野寛氏


SAPの会計コンサルとして会計モジュール導入、SAPアップグレードプロジェクト、スポットコンサルティングに従事。

EY税理士法人に入所後、ONESOURCEを活用したタックスヘイブン対策税制のツールを開発、日系企業向けにシステム導入を数多く経験。
© 2021 THOMSON REUTERS