Thomson Reuters
E-BOOK
インフォームド・コンプライアンス
のためのツールと事例
インフォームド・コンプライアンス
を再確認する
「インフォームド・コンプライアンス(情報を得た上での遵守)」という言葉は、1993年に「税関近代化及びインフォームド・コンプライアンス法(the Customs Modernization and Informed Compliance Act:以下「税関近代化法」)が制定された際に米国で公式に導入されました。税関と貿易業者は敵対することも多く、いささかの緊張関係を背景にこの概念は生まれました。


インフォームド・コンプライアンスという言葉は基本的に、輸出コンプライアンスとは別のものとされています。しかし、コンプライアンスの最適化にあたり政府と事業者が共同責任を負うという概念は、輸出においても適用されます。輸出に関する遵守事項に違反すると重く厳しい処罰を受ける恐れがあるため、コンプライアンスの最適化を徹底することは輸出者の責任なのです。


 現代のインフォームド・コンプライアンスの世界で成功を収め、できる限り処罰を受けないようにしつつ最善のパフォーマンスを果たすために、(輸入、輸出、またはその両方を問わず)国際貿易に積極的に取り組むすべての企業の役に立つおすすめのツールやベストプラクティスを紹介していきます。
ダウンロードはこちら
漢字でご記載ください
漢字でご記載ください

By using any Thomson Reuters or its related bodies corporate (TR) website, application, including mobile application ("app"), product, software or service or, otherwise, providing us with any of your (or any other person's) personal information you consent to our collection, use and disclosure of your personal information in accordance with (and agree to the terms of) our Privacy Statement (which can also be found at https://www.thomsonreuters.com/en/privacy-statement.html or we will provide you with a copy of our Privacy Statement if you email us at privacy.issues@thomsonreuters.com and request a copy). Do not proceed to use any of our websites, products or services or provide any personal information to us if you do not consent/agree to our Privacy Statement.
※同業他社および当社の競合企業にあたる企業の方のお申し込みは、ご遠慮ください。
※ビジネスメール、正式な会社名のご記載のない等、競合判断ができない場合はアクセスをお断りする場合がございます。
© 2020 THOMSON REUTERS