Thomson Reuters
コラボレーションの重要性
法律事務所の事務局業務は、法律事務をはじめ総務的な業務からクライアント管理、先生方の案件の支援や秘書業務など多岐にわたります。

そのため、Excelで業務ごとに状況を管理したり、スケジュール管理、メールや電話でのやり取りなど、多種多様なソフトウェアやツールを使い、膨大な業務を日々こなしているのではないでしょうか?

本ウェビナーでは、質を落とさず効率的に業務を行うだけでなく、先生方やスタッフの皆様とのコラボレーションを効果的にこなう方法を、HighQを利用した法律業務ワークフローを例にご紹介します。


トムソン・ロイターのリーガルウェビナーに是非お申込みください!
ウェビナー講演者
トムソン・ロイター株式会社 
法律 x テクノロジー部門 法律事務所担当
ビジネスデベロップメント マネージャー
山田 勝志

インターネット黎明期より、オンラインコンテンツの構築・販売に携わり、企業のITを利用した業務の効率化と生産性の向上を支援。
現在は、法律事務所を中心に、法律とテクノロジーを融合した新しビジネスモデルを提案している。
開催方法
オンラインにて、ライブウェブキャストセミナー(WEBオンラインセミナー)を開催いたします。会社、ご自宅などWEB環境があればどこからでもアクセスいただけます。お申込み後、セミナー開始前にセミナー視聴用URLをお知らせいたします。
ウェビナーお申込み
Thomson Reuters and its related bodies corporate (TR) collect your personal information for the purpose of providing you with, and sending you information about, TR's products and services and for the other purposes set out in our privacy statement at https://thomsonreuters.com/en/privacy-statement.html. Our privacy statement explains how we collect, use, store and disclose your personal information, the consequences for you if we do not collect this information, and the way in which you can access and seek the correction of your personal information or complain about a breach of the Privacy Act.
※同業他社および当社の競合企業にあたる企業の方のお申し込みは、ご遠慮ください。
※不測の事態により予告なくプログラムを変更することがございます。ご理解のほど宜しくお願いいたします。


© 2020 THOMSON REUTERS