Thomson Reuters
経理税理部門にとって税データの保存方法は悩みの種です。複数の異なるエクセルファイルやシステムに保存されている企業も多いのではないでしょうか。複数のデータ保存はその分、エラーのリスクが高まります。

複数の社内および外部関連企業からのリアルタイムデータに容易にアクセスし、税務コンプライアンスワークフローの維持をサポートするのがThomson Reuters Data Hubです。税データを1度入力するだけで、マニュアル作業を必要とせずに、使用しているAPI全体で自動的に活用可能です。大規模なデータセットを処理するために装備されたData Hubで接続性が向上し、ユーザーは税データの操作に費やす時間を減らし、データ分析により時間を割くことができます。

本デモセッションでは実際の画面をご覧いただき、Data Hubの機能を体験できます。是非この機会に税務業務の効率化をご検討ください。
開催概要
2022年5月17日火曜日13時~13時30分
オンラインにて、ライブウェブキャストセミナー(WEBオンラインセミナー)を開催いたします。会社、ご自宅などWEB環境があればどこからでもアクセスいただけます。お申込み後、セミナー開始前にセミナー視聴用URLをお知らせいたします。推奨ブラウザはGoogle Chromeです。
デモンストレーター
トムソン・ロイター株式会社
伊東礼一
シニア・ソリューション・コンサルタント
2016年にトムソン・ロイター株式会社に入社。日本企業向けの国際税務と国際貿易のソフトウェアソリューションの販売業務、お客様業務への実装プロジェクトに従事。BEPS、移転価格、間接税、タックスヘブン税制、関税、FTA、輸出入取引に関するソフトウェアITソリューションの提案と実装を専門とする。IT業界にて、クラウドベースの業務アプリケーション、データベース設計等で25年以上経験。
セッションお申込み
2022年5月17日13時~13時30分
好評につき満席となりました。

本フォームを送信されますと、トムソン・ロイターおよびその関連会社が、個人情報保護方針に基づき、お客様の個人情報を保有することに同意したことになります。トムソン・ロイターのプライバシー・ステートメントは、当社がお客様の個人情報をどのように収集、使用、保管、転送、開示するか、当社がこの情報を収集しなかった場合の結果、お客様がご自身の情報にアクセスして修正する方法、違反に対する苦情の申し立て方法について説明しています。https://www.thomsonreuters.com/en/privacy-statement.html
※同業他社および当社の競合企業にあたる企業の方のお申し込みは、ご遠慮ください。
※不測の事態により予告なくプログラムを変更することがございます。ご理解のほど宜しくお願いいたします。
© 2022 THOMSON REUTERS